カナダ バンクーバー旅行3月の服装おすすめと冬の寒さを引きずる天気 ジャケットは必要?

日本では3月に入ると暖かくなり、桜の蕾が開き始めます。この時期にバンクーバー旅行を計画中の方は、お天気や服装が気になりますよね?バンクーバーの気になる3月の天気と服装をまとめました。

スポンサーリンク

冬の寒さを引きずるバンクーバー3月の天気

バンクーバーの3月は日本とは異なり、冬の寒さが続きます。平均気温は2~6℃ですが、朝晩は-1℃を下回る日もあり、2月の雪がまだ解けずに残っていることもあります。

そのため、ダウンジャケットなどの厚手の上着が必要ですが、晴れの日の日中は8~11℃になり汗ばむ事もあるので、ジャケットの中の服装の調節が必要です。また、曇りや雨の日も寒く感じます。

12月~2月  バンクーバーの気になるお天気と服装  4月

バンクーバー3月、服装のおすすめ 女性

まだまだ寒い日が続きますが、あまり着込み過ぎると晴れた日の日中に観光などでたくさん歩くと汗ばむ事もあるのでき込み過ぎには注意です。アウターで調節が出来るようにしておくと便利です。

アウターの中にも着ることが出来る、ユニクロのライトダウンシリーズは薄手でおすすめです。ベストやロング丈、襟無しなどインナー調節がしやすく必要なければ折りたたんで持ち運べます。

アウター + ヒートテック + ダウンジャケットで充分です。

雨の日は、日本の雨の日のように1日中降り続くよ言う事はないので必須ではありませんが、防水のジャケットがあると便利です。

スポンサーリンク

バンクーバー3月、服装のおすすめ 男性

寒い日が続きますが男性は女性より汗をかきやすいので、あまり中に着過ぎると晴れの日の日中は暑く感じる日もあります。インナーにはあまり気過ぎずに、アウターなどでの調節がおすすめです。

追記!今年の3月は暖かい!

毎年3月のバンクーバーは、冬を引きずり寒い日が続きますが、今年は15日以降とても暖かい日が続いています。気温も5℃~17℃です。

ダウンジャケットなどの防寒着が必要とお伝えしましたが、ここ1週間ほど日中は汗ばむほどの暖かさなので「ユニクロのライトダウン」くらいのジャケットがあれば十分です。

今年は例年と違って暖かいので、追記させて頂きました。

晴れの日ロコの若者のファッションは、「夏?!」と驚くような服装で歩いていますが、朝晩、日陰はまだ肌寒いです。

まとめ

バンクーバーの3月はまだ冬の寒さが続くので冬のアウターが必要です。同時に、日中汗ばむ日も増えてくるのでインナーは着過ぎないようにし、アウターで調整出来るようにしましょう!楽しいバンクーバー旅行になりますように!!

▼合わせて読みたい関連記事

■ 初めてのカナダ バンクーバー観光!お土産!情報!まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする