バンクーバー更に冷え込む12月~2月の天気とおすすめの服装

バンクーバーの気になる12月~2月の天気と、訪れる前に知っておきたい服装についてまとめてみました。

スポンサーリンク

バンクーバー12月~2月の天気

バンクーバーの12月は、クリスマス前から1年でも最も長いホリデーシーズンに入ります。気温は11月から更に下がり始め、-1℃~8℃と朝・夜がかなり冷え込んできます。

日照時間も更に短くなり、真っ暗になっても「まだこんな時間?!」だったと驚きます。そして、1月、2月は-3℃~5℃とバンクーバーの冬で最も寒い時期です。防寒対策は必須です。

「雪は降るの?」心配だと思いますが、最近では毎年異なります。突然大雪が降る都市もありましたが、バンクーバーでは何日も降り続いて積もって困るという事はまずありません!

2、3日で雪はほとんどなくなり、また通常の状態に戻るのでバンクーバーでの雪の心配はありませんが、朝・夜は道が凍っていて大変滑りやすいので充分に気を付ける必要があります。そして、引き続き雨も多いです。

11月  バンクーバーの気になる天気と服装  3月

バンクーバー12月~2月、服装のおすすめ 女性

12月からは、本格的に寒くなります。バンクーバーの冬は、雪の心配は要りませんが冷えるのでダウンジャケットや厚手のコート、ブーツは欠かせません。

また、マフラーや手袋、ニット帽などの防寒グッズも必需品です。そして、インナーにはユニクロのヒートテックがおすすめです。

ですが、お店の中やモール内は暖房で暖かく室外との温度差が激しいのであまり着過ぎると汗ばむこともあります。

汗をかいて外に出てしまうと、体が冷えて風邪を引きやすくなるので気をつける必要があります。

雨の日も多いのでフード付きのジャケットなどが役立ちます。

あると助かる防寒グッズ!

バンクーバーの冬は、下から冷えます。また、雨もよく降るので防水、防寒機能がしっかりしている靴がおすすめです。

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ観光旅行に必要な持ち物リスト

スポンサーリンク

バンクーバー12月~1月、服装のおすすめ 男性

寒さに強い男性も、帽子や手袋などの防寒グッズがあると便利です。お店などの室内では、中にたくさん着過ぎてしまうと男性は特に汗をかきやすいと思いますので、アウターやグッズなどで調節された方が良いかもしれません。

足元も普段寒さに強い方は大丈夫ですが、寒いのが苦手。。。という方は雨や寒さにも強い防水のブーツなどがおすすめです。

最後に

12月~2月は、本格的に冬の寒さになります。雪の心配は要りませんが、防寒対策をしっかりされることをおすすめします。日本から持ってくるのは荷物になるという方には、バンクーバーには機能性の高い防寒グッズや洋服が販売されているので、バンクーバーに来てから購入も出来ます。準備をしっかりして、冬のバンクーバーを楽しんで下さい!!

▼合わせて読みたい関連記事
■ カナダ バンクーバー旅行の情報が満載!!観光!お土産!お特に役立つ情報!まとめ
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする