バンクーバー旅行のお土産にも!バンクーバー生活の助けにも!!100%ナチュラル癒しのSajeでショッピング

バンクーバーには、たくさんの魅力的なお店があります。そのうちの1つである、エッセンシャルオイルやフェイスケア・ボディケアのお店を紹介します。

スポンサーリンク

バンクーバー旅行のお土産

お店の前を通るだけでもその香りに癒される、「Saje」です。
100%ナチュラル原料で作られている、エッセンシャルオイルや、フェイスケア、ボディケア商品を販売しています。

ダウンタウンのショッピングが楽しめるロブソン通りにあり、店の前を通るだけでエッセンシャルオイルの良い香りがしてきます。

カナダ・バンクーバー観光のおすすめ!活気あるメインエリア、ダウンタウン

お店の中では、店内で販売されているディフューザーを使用されているので、店内もエッセンシャルオイルの香りがします。

店内を見て回るだけでも、その香りで癒されます!

更に、Sajeのショップバッグはバンクーバーでも人気で、購入すると使いまわしが出来る麻素材の素敵なバッグに入れてくれます。

スポンサーリンク

効果抜群エッセンシャルオイル

時々、布団やベッドに入っても眠れない。。。や、お通じが良くない。。。などで、困っていませんか?そんな時に使えるのが、エッセンシャルオイルです。

先がロール式になっているスティック状のケースに、エッセンシャルオイルが入っている商品が販売されています。効能の違いによって、ロール部をこめかみや首筋、お腹などにコロコロとつけて使用します。

3本セットで販売されている商品もあります。実際のサイズより小さい(6ml)です。 セット商品は、その時によって、香りが違います。

普通のサイズは、10mlと写真の高さがあるやつです。 種類は沢山ありますが、私が持っているのが、

stress release(ラベンダー、オレンジ。。。)

eater’s daigest(カモマイル、ペパーミント。。。)

quick study(オレンジ、レモン、ゼラニウム。。。)

よく使うのが、「stress release」です。

寝る時に、こめかみとおでこにつけて寝ると、ラベンダーの香りがして、すごく癒されます!! 

寝つきが悪い時でもこれを使うと、本当にぐっすり眠れます!!

他にも、飛行機内で使うとリラックスできるので旅行にも持っていきます。

ラベンダーは、使い切っても、何度も買い続けている商品です。

スプレータイプもあり、スティックタイプよりエッセンシャルオイルは薄めです。

「eater’s daigest」は、食べ過ぎてお腹が苦しい時や、便秘でお腹が張っている時にお腹にコロコロとつけて使用します。こちらも、けっこう効きます!!

最後は、「quick study」。こちらは、時々集中力アップに使用します。私は、勉強が嫌いなので正直効いているのかが、少し分かりにくいですが。。。(笑)

そして、こちらもおすすめです!
脇に使用する、デオドラントです。今まで、格安スーパーで購入した4ドルくらいの、スティックタイプのを使っていました。

しかし、友人に原料が体に良くないからナチュラル素材の物がいいよと勧められ、購入してみました。

白い方がナチュラル塩から作られているスティックタイプで、無臭です。

ブルーの方は、ラベンダーオイルやバニラオイル配合の、香りのするスプレータイプです。

スティックだけの使用でもいいですし、 香りが欲しい時はスティックをつけた後、スプレーしてもどちらでも構いません。

私は、出かける時にスプレーで香りもつけますが、スティックのみでもデオドラント効果はあります!! もちろんスプレーだけでも使用出来ます!!

最近では、香水を使わなくなり良い香りなので、このスプレーをつかうようになりました。

パッケージも凄くかわいいので、ちょっと置いておくだけでもお部屋のインテリアとしても素敵です!!

バンクーバー生活で頭痛に悩んでいる方必見!

私は頭痛持ちだったのですが、いつものようにSajeに立ち寄った際に店員さんがお試しで付けてくれたこちらのペパーミントのスティックです。

こめかみや首筋、襟足部分にコロコロするとスーッとして頭痛が軽減されます。普段から痛み止めを飲まないようにしているので、頭痛に効くエッセンッシャルオイルを使っています。

最後に

パッケージもショップバッグも素敵なので、お土産にも喜ばれます。また、店内はもちろん店の前からエッセンシャルオイルの良い香りがして、店内に入って見るだけでも癒されます。ぜひ、Sajeを見つけたら立ち寄ってみて下さい!

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ観光旅行に必要な持ち物リスト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする