夏休みバンクーバー観光のおすすめに花火を楽しむ!

バンクーバーは快晴の日が多くなり段々、夏に近づいてきました! バンクーバーの夏は、暑すぎず過ごしやすくて最高!と世界でも有名です。

この夏の為に、他の国からバンクーバーに移民される方もいるほどです。 日本人の私には、湿気が少なく気温も日本の夏ほど上がらないので、夏でも陰に入ると風が冷たかったりするので、何か1枚羽織れる物を持ち歩いています。

日中凄く暑くても、夜になると少し肌寒く感じるので、観光で来られる方は、羽織れる物を持ってこられることをおすすめします。

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ観光旅行に必要な持ち物リスト

バンクーバーでも花火が見られる?!

バンクーバーの夏と言えば、自然が多いのでハイキングやキャンプといったアウトドアのイメージですが、ここバンクーバーでも日本の様に、毎年花火を見ることが出来ます!

私は日本の花火が大好きなので、夏の花火は毎年すごく楽しみにしています! 冬にも年末のカウントダウンや小さいイベントなどで、短い時間ですが花火が所々で上がりますが、夏の花火は日本の花火大会ほどではありませんが、バンクバーでは1番盛大に開催されます。

ホンダが主催するこの花火大会は、毎年夏に開催され、3か国で花火のデザインやクオリティーを競い合います。 花火と同時に音楽も流され、花火と音楽のシンクロ性も加点要因の1つです。

昨年の2017年には見事、日本が優勝しました! 他の国の人達も、日本の花火を絶賛してくれいて、本当にすごくきれいでした! 日本の花火はやっぱりすごい!!

楽しみである今年2018年は、

Honda Celebration Of Light

7月28日(土曜日) 南アフリカ

8月1日(水曜日)  スウェーデン

8月4日(土曜日)  韓国

この3か国で競います。 韓国とスウェーデンは、今年のサッカーワールドカップでも同じグループでしたね。(笑) 花火はイングリッシュ・ベイで、夜10時から開催されます。

イングリッシュ・ベイまでダウンタウンからバス#5、#6デンマン通りまで行くとイングリッシュ・ベイがあります。 お店が並ぶロブソン通りやデイビー通りで、ショッピングを楽しながらイングリッシュ・ベイまで歩くのもおすすめです!

イングリッシュ・ベイ

バンクーバーでお祭り気分!

花火が始まる前からイングリッシュベイでは、フードトラックが並び、トウモロコシやカナダ名物であるポテトの上にデミグラスソースとチーズがかけられたプーティーンなど、美味しいフードを楽しめます。

ミュージックが流され、色々なイベントも開催されています。 公衆のお手洗いも設置されているので、心配いりません! 花火が始まるまで、ビーチに座って流されているミュージックを聞きながら、きれいなサンセットを見ることが出来ます。

待ち時間も退屈せずに楽しむ事が出来ます!! 私は毎年、夜7時くらいに行って場所取りしま。 花火までフードを食べながら、隣に座っている知らない人達と会話をしたり、サンセットを楽しんでいます。

決めた場所で座っていると、アイスクリームの販売も回ってきます! カナダの夏のサンセットは夜の9時30~50分と、遅くまで明るいです。 だから、花火が10時と少し遅く感じますよね。(笑)

でも、花火開始まで十分に楽しめます!! 早い人は、昼頃から来てビーチで花火開始まで、バレーボールやBBQを楽しんでいます!

夜7時でも、まだまだこんなに明るいのでまだ3時くらいかな?と思ってしまします。(笑)この時間帯は、セスナの飛行ショーが行われます!

警察の人達が馬に乗って、見回りをしています!かっこいいですよね!!

景色の端から端までビーチが広がっているので、サンセットがこんなにキレイでどこからでも見ることが出来ます!!

とてもキレイな夕日をバックに、水のショーも見られます!

昨年2017年の花火

イングリッシュ・ベイはかなり広いのでどこからでも花火を見ることが出来ます。 場所の心配はいりません! 花火をベストスポットで見たい!!と言う方は、真正面から花火を見ることが出来、ミュージックもしっかり聞こえる有料特設席があり、他にもこの周りにあるいくつかのレストランでは花火を見ることが出来るチケットを販売しています。

他にもバンクーバーにはイベントがたくさん!!バンクーバーが赤と白に染まる、

バンクーバー夏の最大イベント、カナダの建国記念日カナダ・デイ

最後に

この花火開催の時期に、バンクバーに来られる方にはぜひ!おすすめのイベントです!! 花火だけ見てもよし、1日イングリッシュベイで楽しむのもどちらも楽しめます!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする