バンクーバーで雨の日にうんざりしている方必見!家で楽しめるウィービング

レインクーバーと呼ばれるほど雨が多いバンクーバー生活で、晴れの日が恋しくなりますよね?「今日も雨か…」「雨ではないけどどんより曇ってる…」など、憂鬱になっていませんか?そんなレインクーバーの雨の日に出来ることを他の記事でも紹介していますが今回は、家で出来るウィービングタペストリーをご紹介します。

ウィービングタペストリー

ウィービング「Weaving」とは、織る、編むと言う意味で、毛糸などを使い壁に掛けることが出来るタペストリーを作ることが出来ます。

「いまいちよく分からない…」と思う方もいるかもしれないのでまずは出来上がりをご覧ください。

自分が作りたいデザインを自由に創造して作る事ができます。部屋のインテリアとして飾っても良いですし、プレゼントにも喜ばれます。玄関やトイレに色味があるだけで華やかになるのでおすすめです!

ウィービングタペストリーを始める前に

【準備する物】

毛糸(お好みで)

写真立てフレーム(キッチントレー、バインダー、段ボール)

フォーク

ハサミ

毛糸用の針、ゴム通し

かぎ針

木の棒

「バンクーバー生活は雨の日ばかりで退屈している…」という方に雨の日を利用して自宅でウィービングを楽しみましょう!材料は全て「ダラーストア」で揃います。

まずは、できあがりがこちらです。今回サイズは、B5サイズのノートより小さい写真フレームを使用しましたがサイズはお好みで作って下さい。

ウィービングに慣れてきたらサイズを少しずつ大きくしてもいいかもしれません。

写真フレームやキッチントレーをいつも使っていますが、自宅にない方はバインダーや段ボールを切って代用できます。

ウィービングタペストリー作り方

フレームに糸を巻きます。糸の感覚は5㎜、または1㎝が目安ですが、初めての場合は感覚の広い1㎝が作業を進めやすいのでおすすめです。

始まりと終わりの糸は外れてこないようにフレームに括り付けたりテープで止めておきます。

タペストリーの下にフリンジを作っていきます。フリンジのある、なしはお好みのデザインで!2~3本の糸に毛糸を通し糸と糸の間から毛糸を出します。毛糸の両端を輪っかに入れて引っ張ります。

この作業を端から端まで繰り返します。糸の太さによってフリンジに使用する糸の本数を調節しましょう。

フリンジの出来上がりです!長さは全体が出来上がった後でハサミでカットし揃えます。

さて、ここからがウィービングの始まりです。巻き付けた糸を交互にすくっていきます。この時糸をすくいやすいように初めにすくう糸を棒(割りばしでも代用できます)ですくっておきます。棒を入れておくと、糸を通すだけなので簡単です。

糸を通したらフォークで下に押して整えます。

一段目の出来上がりです。

この時通したいとは引っ張り過ぎないように緩めに通す!引っ張り過ぎると両端が引っ張られ上に行くにしたがって細くなっていきます。

戻る際は、先ほどすくわなかった方の糸をすくっていきます。

この動作を繰り返すだけです。

途中で糸の太さや色を変えてお好みのタペストリーにデザインしていきましょう!

出来上がったら裏返し糸を切ります。タペストリーの下になる部分はほどけてこないように結びます。

そして、タペストリーの上になる部分は糸の間に棒を挟んで結んでいきます。

結び終えたら糸の処理をし余分な糸はカットします。

壁に掛ける用の糸を棒に付け、始めに付けたフリンジをお好みの長さにカットして出来上がり!

スポンサーリンク

タペストリーだけではない!

ウィービングで出来上がったものはタペストリーだけでなく、バッグやポーチに縫い付けて自分だけのお気に入りを作ることも出来ます。

あるものを使うだけで!?

タペストリーを飾るときに使う木の棒ですが、Oomomoやダラーストア、クラフトショップ、ホームセンターで購入できます。木の棒には丸い木や四角いきもあり使う棒によって仕上がりの雰囲気が変わります。

この仕上げに使う木の棒、実はビーチや山、公園などに落ちている木や流木を拾ってきて再利用!きれいに真っすぐの木はなく少し曲がっていたり色もくすんでいるものなどそれぞれ異なり、この木一本でかなり雰囲気のあるタペストリーになります。

材料が揃うおすすめのお店

Oomomo

以前はダイソーだったOomomoは、ダイソーやセリアなど日本の100円グッズを販売しているお店。商品量は少ないですが毛糸や糸などの手芸用品が販売されています。

【所在地】

  • 88 W Pender St(インターナショナルヴィレッジ内)
  • 4151 Hazelbridge Way(アバディーンセンター内)
  • 4700 Kingsway E8(メトロポリタン内)

Dressew

ガスタウンエリアの近く、ウェスト・ヘイスティングス通りにあるこちらのお店は裁縫や編み物などのハンドメイドやクラフトの材料を取り扱うお店です。

バンクーバーで生地を買うならDressew!

【所在地】

337 W Hastings St.

Micheals

ダウンタウンのアルバ―二通りにあるこちらのお店もクラフト材料のお店です。メールアドレスを登録すると常に40%割引(最大55%)のクーポンが送られてきます。

バンクーバーでハンドクラフトの材料をそろえるにはここ!「Michaels」クラフトショップ

【所在地】

1022 Alberni St

最後に

いかがでしたか?雨の日の過ごし方に困っている、飽き飽きしている方はぜひウィービングを楽しんでみてはいかがでしょうか!

▼合わせて読みたい関連記事

バンクーバーで雨の日に何する?!楽しめること4選

バンクーバーで雨の日に役立つ買ってよかったもの6選

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする