バンクーバー観光のモデルコース。おすすめのアクティブダウンタウンコース

バンクーバー観光は見どころが沢山あります。旅行計画が苦手!や計画する時間がない!や計画が面倒。。と言う方におすすめする、バンクーバー観光のモデルコースを作成してみました。バンクーバーはアウトドアやショッピング、観光スポットなど大自然だけではなく意外と観光できる場所が沢山あります。

9:00~11:00 スタンレーパークでサイクリング

ダウンタウンのデンマン通りには、自転車を貸し出しているレンタルショップがいくつかあります。料金は1時間$5~、2時間$10~、半日$20~、1日$30~で借りられます。

レンタルの際に、身分証明書(パスポート)やクレジットカードが必要です。

自転車に乗るのはちょっと…という方には散歩がおすすめ。スタンレーパークの外側を歩いたり、自転車で1周したり、公園の中を楽しむ事も出来ます。自転車で1周する所要時間は約1時間から2時間です。

「水族館」「先住民のアートワーク、トーテムポール」もあります。他にもお子さん向けの1周約15分の「ミニチュア鉄道」もあります。

スタンレーパークを自転車で一周の旅!!

スタンレーパークからはバンクーバーのランドマークでもある「カナダプレイス」や「ライオンズゲート・ブリッジ」やノースバンクーバーの景色が楽しめます。

11:30~13:00 イングリッシュベイ ランチ

スタンレーパークとイングリッシュベイは繋がっています。スタンレーパークを楽しんでデンマン通りで自転車を返した後は、そのまま沢山のレストランが立ち並ぶデンマン通りを歩いてイングリッシュベイに行きます。疲れた方はバス#5も出ています。

デンマン通りには、日本、インドネシア、ギリシャなど様々な国のレストランがあるります。日本のらーめん店もあります! 店内で頂くのも良いですが、持ち帰りにしてイングリッシュベイでランチがおすすめです!

持ち帰りを英語で、「To Go Please!」

イングリッシュベイは現地の人々にも大人気のスポット。夏にはイングリッシュベイの海から上がる花火フェスティバルが開催されます。

夕方には空がピンク色の景色に代わり夕日がとってもきれいです。夕日を楽しみながらディナーを楽しめるレストランもあるのでおすすめです。

カナダ旅行、レストランで使える旅行英語フレーズ

イングリッシュベイには、人が積み上げた「イヌクシュク」があります。先住民が標識も何もない時代に、このイヌクシュクを交通の目印に使われたそうです。

イングリッシュベイから「アクアバス」という水上バスに乗って、海を渡りグランビルアイランドに行きます。イングリッシュベイと反対側にありますが目と鼻の先ほどの距離です。このバスは色んな所に行けるので、1日券を購入して周遊するのも観光の楽しみの1つです。

料金 $3.50~5.50     1日券 大人:$15、小人:$13

13:15~15:15 グランビルアイランド散策

バンクーバー観光で絶対に外せないのが、グランビルアイランドです。新鮮な食材を販売しているパブリックマーケットでは、様々な種類のチーズやハム・ベーコンのお店もあります。

マーケット内にある「Lee’s Doughnuts」はアメリカンスタイルのドーナツを販売していて、こちらのリンゴドーナツがとっても美味しいのでおすすめです!

他にもマンゴーやブルベリー味もあります。他にもフードコードで美味しい食べ物を楽しめ、お土産品充実しています。

マーケットの外には、シーフードレストランやグリルレストランなど様々なレストランが並んでいたり、雑貨やアート作品のお店などショッピングが楽しめます。

ビール工場のツアーがあり、ビールの試飲が出来ます。

カナダ・バンクーバー 観光スポット、カナダ人にも大人気グランビル・アイランド

グランビルアイランドを楽しんだ後は、バス#50に乗ってガスタウンに行きます。

15:45 ガスタウン散策

バンクーバーの発祥の地ガスタウンはレンガ造りのビルが立ち並ぶ雰囲気がとっても素敵なエリアで楽しみます。バンクーバーのランドマークである15分おきに蒸気を吐く「蒸気時計」があります。

おしゃれなカフェや、美味しいレストランが立ち並び、お土産さんも沢山あるのでショッピングも出来ます。まずは、気に行ったカフェで休憩して体力を回復しましょう。

ショッピングを楽しんだ後は、素敵なレストランでディナーを楽しみましょう。

バンクーバー観光におすすめ、観光スポットのなかでもおしゃれなエリア ガスタウン

まとめ

今回はダウンタウンをメインにモデルコースをご紹介しました。バンクーバー観光のお役に立てると嬉しいです。ゆったりコースでしたが見どころが沢山あります。時間に余裕があれば、もう1つ観光スポットを追加してみてはいかがでしょうか?バンクーバー観光が楽しくなりますように!

バンクーバー観光デルコース 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする