カナダ・バンクーバー生活で感じるバンクーバーの良いところ

カナダ・バンクーバーに住んで楽しかっただけの頃や、海外生活で大変だった時期を通り過ぎ、やっとカナダの生活が落ち着いてきました。そんなカナダには、日本にはない沢山のいいところがあります。住んでみて感じた、カナダ・バンクーバーの良いところをご紹介します。

スポンサーリンク

バンクーバーで最も良いところ、交通機関に1時間半乗り放題

バンクーバーは電車、バス、シーバス(水上バス)が同じ会社です。1度チケットを購入するとこの1枚のチケットで3つの機関に乗ることが出来、1時間半有効です。1ゾーン~3ゾーンまでエリアがあり、ゾーンによって料金が異なります。1ゾーンのチケットで2ゾーンや3ゾーンまで行くと追加旅行金を支払います。

バンクーバー観光での便利な交通手段

バンクーバー生活で健康に!オーガニック食材やナチュラル原料の商品が購入しやすい

健康志向の高い人や多くのベジタリアンが住むカナダでは、オーガニック食材や商品を取り扱う、「WholeFoods」や「Choices Market」などがあります。他にも自然食材のみを使用したレストランがあり、ほとんどのレストランにはベジタリアン用のメニューがあります。

バンクーバー観光に来たらショッピング、お土産も買えるお店!

ポイントカードが小さい

カナダのポイントカードは普通のカードより小さいく、車や家の鍵と一緒に付けることが出来ます。財布の中がポイントカードでいっぱいにはなりません。とっても便利です!

バンクーバー生活だけど、日本の食材が手に入る

日本の食材や商品が購入出来るお店が幾つかあるので、大変助かります。日本に比べて価格が高めですが、日本食が食べたくなっても作る事が出来ます。他にも日本食レストランや、日本のらーめん店も充実しています。

バンクーバー 日本食レストラン情報とおすすめ!

競合店揃い、 バンクーバーらーめん店おすすめ

屋外のテニスコートやバスケコート、サッカー場が無料

日本では使用料金が必要ですが、バンクーバーでは全て無料です。混み合っていると、もっとプレイしたいのに次の人に譲らなければいけませんが、無料で使いたい放題はとてもありがたいです!

バンクーバーならではの自転車で電車、バスに乗れる

電車には自転車が置けるスペースがあり、バスのフロントに自転車を設置できるようになっているので、自転車で交通機関に乗ることが出来ます。サイクリングを楽しんだ帰りに疲れたら、電車やバスで帰ることができたり、通勤・通学でも大変便利です。

バンクーバー生活の良いところ!返品が出来る

ほとんどのお店で返品が出来ます。お店によって返品の決まりが異なりますが、食材を返品出来るお店もあります。洋服や雑貨などのタグが付いている事と、レシートや購入した際に使用したクレジットカードが必要です。それでも、返品できるのは嬉しいですよね!

バンクーバー生活で優しい、電車やバスがバリアフリー

交通機関には車いすの方やお年寄り、ベビーカーの方の為にバリアフリーになっています。例えば、下乗者の際にバスは普段は高めの乗り口を運転手ノ方が下げてくれます。他にも電車やバスの中に車いすやベビーカーが置けるスペースがあります。

赤信号でも、右に曲がれる

車の運転はカナダでは、右側通行です。ほとんどの所で、信号が青になるのを待たなくても赤でも右折出来ます。日本では標識のあるところのみで、それも少ないですよね。

マンションやアパートにプールやジムが完備

カナダでは家賃が高いので、部屋を何人かでシェアして住んでいます。そのビルにプールやジムが付いている場合があり、無料で使えます。毎月の月謝を払わなくてもエクササイズが出来ます!

他にもカナダのいいところがたくさん!

カナダは移民の国なので、様々な国からの移民者が住んでいます。各国のレストランが沢山あるので、世界中の料理が楽しめます!

他にも、「カナダと言えば?」の質問に「いつも Sorry.と言っている。」と、ほとんどの人が答えるほど有名です。なんだか日本人みたいですよね?(笑)

だから、カナダの人々は日本人っぽいような良い人が沢山います。日本を好むカナダ人も多いです。カナダは他の国と比べても、きれいな街で特に夏は暑すぎず寒すぎない気候なのでとっても過ごし易いです!晴れた日の景色が最高です!!

カナダ・バンクーバー基礎知識

まとめ

このように、カナダ・バンクーバーはいいところが沢山あります。これから旅行で来られる方や、長期滞在を検討されている方のお役に立てればと思います。

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ観光旅行に必要な持ち物リスト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする