バンクーバーからイエローナイフへ引っ越し!まず準備したもの

ブリティッシュコロンビア州(BC)があるバンクーバーからノースウエストテリトリー(NWT)のイエローナイフへ突然引っ越しすることに。

イエローナイフと言えばオーロラが有名ですが、まさか引っ越して住む事になるとは…

もちろんイエローナイフを訪れたことは一度もありません。

職場の人や友人、知人に「イエローナイフへ引っ越しします」と伝えた時のリアクションは全員が見事に同じ!「…。え?!」と、その後は言葉が出てこない様子の驚き様(笑)

バンクーバーでイエローナイフに行ったことがあると言う人はすくないようでした。そのためイエローナイフの情報を集めるにも誰に聞いても「分からない…。寒いことは確かだよね(笑)」と。

防寒グッズを探している際も店員さんは「行ったことがないから分からないね!!爆笑」と正直(笑)ネットで調べても詳しいことは紹介されておらず、行ってみないと分からないようです。

まぁ全く分からないという事も楽しみとして受け捉えるしかないですね!分からないなりに寒さ対策だけはしておきたいので準備したものをまとめました。

カナダ観光の前に知っておこう!カナダの首都はどこ?10州と3区域

-40℃以上対応のダウンジャケット

-40℃の気温に対応するダウンと言えば、カナダではカナダグース。簡単に購入できるプライスでもないので諦めて大好きでよく愛用していたブランド「Mountain Warehouse」アウトレット店舗でジャケットを購入する事に。

イエローナイフへの引っ越しが決まったのはつい3月末で出発は4月28日。すでに春物を取り扱っているお店ばかりで-40℃対応の防寒着やグッズを取り扱っているお店が少なく探すのにとても苦労しました。

厚手の商品はどのお店もウェアハウスに送り返したと言われ、お店巡り。いくつかのお店では冬服をお店の裏にストックしていたので何とかそろえることができました。

防寒ジャケットも最後の1点!!しかもメンズサイズ(笑)

冬物処分と言う事で破格のプライスで購入でき、最終的には今のシーズンで良かった!と思いました。

バンクーバー国際空港からすぐ!マッカーサーグレン・デザイナー・アウトレット(McArthurGlen Designer Outlet)でお得にショッピング!

-40℃対応のスノーブーツ

バンクーバーでスノーブーツの購入を検討したこともなかったのでまずは、どのブランドが良いのかなどをネットで検索。やはりカナダブランド「SOREL」のブーツが一番良いという評価。

スノーブーツを取り扱うバンクーバーのあらゆるお店を訪れましたが、さずがにブーツも4月のこの時期に見つけることはできず。

オンラインでは販売しているもののサイズがないものばかり。ネットで探しまくりやっと「Marks」のオンラインでSORELのスノーブーツを購入できました。

これまでに体験したこともない寒さが予想されるイエローナイフでは、ブーツとジャケットが重要!何とか見つけることができて一安心。

防寒インナー

バンクーバーではここ数年、冬でもそこまで寒くはなかったので防寒になるほどのインナーを持っていませんでしたが探しました。

4月のこの時期に冬物のインナーを扱っているお店はなくユニクロにも冬物はほとんどなかったのですが、売れ残りっぽいウルトラヒートテックのタートルネックをラストチャンスで購入することができました。一安心。

あとは、元々持っていたMountain Warehouseのフリースが2枚持参。Mountain Warehouseのフリースはとっても暖かく可愛い色が揃っているのでおすすめです!!

女性は子供用でもサイズがピッタリです!

厚手のウールソックス

ネットの情報では、寒い場所ではとにかく足の指先が冷たくなるとのことだったので厚手のウールソックスもいくつか購入。

ブーツの中敷き

防寒グッズを探しているお店で見つけたのが、ブーツの中敷き。なんだか見た目が暖かそうだったので購入。

車のトップカーゴ

バンクーバーからイエローナイフまでは車で行くことに。9年も住んでいれば荷物ってどんどん増えるんですね(笑)

引っ越し業者を調べたりトラックレンタルの「UHaul」でお願いすることも検討しましたが、バンクーバーからイエローナイフまで最低でも$1500~5000!!色々計算してみると、どうやらガソリン代がかなりかかってしまうようです。

イエローナイフのアパートは家具付きではないので自宅から最低限の生活用品を車に入る分だけ持って行くことに。

引っ越し日まで1ヶ月しかなかったので家具や荷物をネットで売り、売れない物はリサイクルショップへ持って行ったり、捨てたり半分までに抑えても車は荷物でパンパン!!

そんな私達を助けたのが車の上に付け外しができる防水カーゴ。早速ネットで購入し最低限必要な物は全て小さい車に入りました(笑)

シングルバーナー

3日間のロードトリップだったので念のためにコールマンのシングルストーブを購入し持参しておきました。キャンプシーズンがスタートする時期と言う事もあってかネットでは在庫なしばかり…

シングルバーナーの購入を諦めていた時、たまたま立ち寄ったWalmartで最後の1点が残っていたので購入出来ました!!

随分以前に日本で使っていたものはもっとコンパクトだったのですが、そのストーブは生産停止になったようで少し大きくなっていました。

ガスも大きくなって荷物になる…と思いましたが、以前のストーブより安定しています。

ガソリンタンク

ガソリンスタンド事情が確かではなかったので念のためガソリンタンクも携帯しました。バンクーバーからイエローナイフまでの道のりには必ずガソリンスタンドがあったのでタンクのガソリンリンを使う事はありませんでしたが、念のために!

マップ

マップは自分で用意した物ではなく、出発当日の部屋返却時にビルのマネージャーが準備してくれていました。「途中でネットが使えないといけないから持って行きなさい!」と、なんて優しいのでしょうか!!

マップなんて頭の片隅にもありませんでしたが、実際にネットが使えない場所がありマップがかなり役立ちました!!マップだけではなくガイドブックも沢山いただきました(笑)

最後に

-40℃にもなると言われているイエローナイフ。いくらオーロラがきれいだとしても寒いのは嫌ですよね。イエローナイフへ行かれる際は、防寒対策をし過ぎてもいいかもしれませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする