バンクーバーの乾燥にも負けない朝と夜のスキンケアルーティーン

乾燥するカナダでの生活では、スキンケア方法も湿気が強い日本で使っていたものやスキンケア方法が異なりませんか?カナダの乾燥と何年も戦い様々なスキンケア商品を試した結果、たどり着いた朝と夜のスキンケアルーティーンをまとめした。

スポンサーリンク

朝のスキンケアルーティーン

1.BIODERMA

朝は洗顔なしで顔を洗うだけですが、目には見えないけど皮脂や汚れが気になる時は「BIODERMA」で軽く拭き取っています。

ロンドンドラッグス、ショッパーズで購入できます。

2.菊正宗 スキンケアローション ハイモイスト

カナダでの化粧水と言えば拭き取り化粧水ばかり販売されているので日本の化粧水を使っています。もう何年も使い続けているカナダの乾燥にも負けない優れもの!

コンビニ屋、アバディーンセンター、リッチモンドセンターで購入出来ます。

3.KIEHL’S ULTRA FACIAL CREAM

洗顔後は、フェイスクリームを手の平で温めケチらずにたっぷりと塗り手の平で肌にしっかり浸透させます。乾燥予防になりファンデーションのノリも良くなります!

4.豆乳イソフラボン アイクリーム

最後にアイクリームを必ず塗ります。アイクリームは目尻のしわ対策に必須のアイテムです!!十代の頃、大手化粧品ブランドで働いていた友人に「化粧しなくていいからアイクリームだけは塗っておくこと!」と念押しされました。

その言葉を信じ使い続けています。特にブランドや価格にこだわる必要はありません!取りあえず「塗る」ことが大事!

アイクリームだけは本当に続けてきてよかったなと思います!普段使っていない方は今からでも遅くありません!ぜひ、スキンケアのルーティーンにアイクリームを加えてみて下さい!

日本へ帰国の際に購入しッ持ち帰りますが、バンクーバーでも購入出来ます。リッチモンドセンター内の「TOKYOのBeauty」では、豆乳イソフラボンシリーズが揃っています。

ロクシタンのアイクリームもおすすめです。

スポンサーリンク

夜のスキンケアルーティーン

1.クレンジング

クレンジングは肌の状態に合わせてクリームタイプ、オイル、拭き取りと変更しています。

クリームタイプは「Avene」、オイルタイプは「Shu Uemura」、拭き取りは朝のルーティーンでもご紹介した「BIODERMA」を使用しています。

2.Himalaya Moisturizing Aloe Vera Face Wash

最近新しく試してみて良かったインドコスメ「Himalaya」で洗顔しています。他にも無添加の石鹸で洗ったり、日本の「ロゼット 洗顔パスタ」も気に入っています。

3.THAYERS FACIAL MIST

洗顔後は「THAYERS」のミストを顔に吹きかけ、そのままデコルテや体全体にも吹きかけています。粒子が細かく毛穴に浸透する感じで気に入っています!

4.菊正宗 スキンケアローション ハイモイスト

朝と同様に夜のルーティーンにも「菊正宗」のお酒の化粧水でたっぷり保湿。1回1回化粧水を肌になじませ3回以上繰り返し浸透させています。もっちもっちの肌になります!!

お風呂上りにはフェイスケアとボディケアの同時進行になってしまうのでどうしても手が足りません!そんな時はフェイスマスクを使用しその間にボディケア済ませフェイスケアを後回しに!

カナダの乾燥で肌がカサカサ!カナダで買えるおすすめのボディクリームTOP3

5.KIEHL’S ULTRA FACIAL CREAM

朝のルーティーンにも使用している「KIEHL’S」のクリームをたっぷり!!手の平パックでしっかり浸透させています。

フェイスクリームは、他にもインドコスメを使用しています。肌の状態によって使い分けています。

インド旅行でリピ買い必須!アーユルヴェーダコスメHimaraya(ヒマラヤ)が凄かった!

5.豆乳イソフラボン アイクリーム

そして夜のルーティーンにもアイクリームは外せません!!目尻にしっかりと浸透させ保湿保湿!目尻だけではなくまぶたや目の下も忘れずに!

最後に

カナダの乾燥に負けないスキンケアルーティーンを遂に見つけ、今では同じものを毎回買うだけに落ち着きました。しかし、まだまだ追及は止まりません!さらに、良い商品を見つけるためにどんどん新しい商品を探し、試したいですね。

▼合わせて読みたい関連記事

バンクーバー生活8年目で欠かせない!手放せない!リピート愛用品

バンクーバー生活で新しく出会った愛用品メンバー入りアイテム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする