カナダの乾燥で肌がカサカサ!カナダで買えるおすすめのボディクリームTOP3:バンクーバー生活

バンクーバー生活は楽しいけど、カナダの乾燥に困っていませんか?

カナダは日本とは違い、1年中乾燥していますよね。特に冬は、肌が粉を吹くほど乾燥して困る!!と言う方も少なくはないはず。

色々試しては見る物の「これ!」といったお気に入りの商品が見つからない…と言う方もいるのではないでしょうか。

乾燥には、ココナッツオイルなどのオイル類。「いいんだけど、ちょっとべたつくかな…」と言う声も。

湿気がある冬の日本でも粉を吹くほどの乾燥肌の私は、カナダでも同じ。いや、もっとひどいかも?様々な商品を試しました。

個人的にオイルはべたつくのでクリームの方が仕上がりは気に入っています。

カナダの乾燥にお困りの方へ、実際に使ってよかった乾燥に効くボディクリームをまとめました。

【カナダ生活で乾燥に困っている方必見!】誰もが劇的にもちもち肌になる簡単スキンケア方方法

1.Cetaphil

「Cetaphil(セタフィル)」のボディローションがおすすめです。重たすぎずべたつかないのに仕上がりはしっとりです。伸びが良く使い易いです!

Cetaphilを使うまでは、次にご紹介するAveenoのボディークリームで落ち着いていました。これを使用した時の仕上がりがAveenoよりも軽いのにしっかり保湿!

1年中使用していて、手放せません!!使用後のべたつきが気になる方におすすめです!

2.Aveeno

Cetaphilを使うまでお気に入りだった「Aveeno daily moisturizing」です。

カナダでは人気なのか?Aveenoは、ロンドンドラッグスやショッパーズなど何処でも見かけるので身近ですよね。

使っていた時は仕上がりの重たさは全く感じなかったのですが、Cetaphilが結構軽いので比べると重たいのかなぁ?と言う感じです。

しっかり保湿してくれます!Costcoで2本でお得セットが販売されているので沢山必要!と言う方はおすすめです。

Cetaphilをメインに乾燥がひどい時に使うなど2本で使い分けています。

3.Eucerin

粉が吹くほど乾燥している肌にお困りの方に一番効くのがこちらの「Eucerin(ユーセリン)」がおすすめ!!

敏感肌や乾燥による肌荒れ、ニキビ、アトピーなどの肌トラブルに効く商品です。保湿効果抜群です!!しっとりするのに伸びが良くとても使い易いです。

「本当に乾燥がやばい!!」と言う方はぜひ!!

4.Johnson’s

これまでのゴールデン乾燥対策ボディークリームTOP3に新しくボディケアの仲間入りをした優れ商品「Johnson’s」ベビー用ボディークリームです。

ベタつかずサラサラなのに肌に潤いを与えてくれるボディークリーム!ベビー用のためほのかな香りできつ過ぎる香りが苦手な方でも安心して使えます。

スポンサーリンク

【オイル】alba BOTANICA

クリームだけでは物足りない時にクリームにオイルを混ぜて使っている「alba BOTANICA」のボディオイル。

オイルだけではべた付きが気になるので単品では使いませんが、クリームとまぜることでべた付きが抑えられます。特に乾燥がひどい個所に使っています。

ハワイ旅行で日焼け止めを購入したのがこちらのブランドを知るきっかけに!ココナッツの香りがハワイを連想させるので気分も上がります!シャンプーもこちらのブランドを使用しています。

バンクーバーで買える実際に試したおすすめシャンプー~お手頃から高級、オーガニックシャンプーまで~

カナダ乾燥対策しっとりボディーウォッシュ「OLAY」

つい最近試してみた「OLAY」のボディーウォッシュ。洗い心地に驚き!!容器から出してビックリ!?見るからにクリーミーで泡をたてると今までに感じたことのない滑らかさ!!

肌を優しく包む泡で乾燥しているボディーにも優しい!香りも良し!癖になる感じがおすすめです!

部屋の乾燥対策

カナダの乾燥は外だけではありません!部屋の中など「室内もひどく乾燥する!!」と感じていませんか?いくらクリームを塗っても部屋が乾燥していてはクリームを消費するだけ。

部屋の乾燥対策として出来ることをまとめました。

「天然の加湿器」観葉植物を部屋中に置く

観葉植物は、根から水を給水し葉から蒸発するので部屋の湿度を上げてくれる「天然の加湿器」さらに、悪い気も吸い取ってくれるので運気アップにも効果があります!

私の部屋には、玄関、キッチン、リビング、寝室、バス・トイレにも観葉植物を置いています。観葉植物でおすすめなのは「アイビー」または「へデラ」と呼ばれるウコギ科キヅタ属に分類されるつる性植物です。

水を毎日上げる必要がないので手入れ要らず!何もしなくてもどんどん伸びるのでカットして無限大に増やすことができます!

気になる方はこちらの記事で紹介しています☟

バンクーバー生活で手入れなし簡単!増え続ける観葉植物

水を入れて部屋中に置く

使わなくなったグラスやマグカップ、プラスチックのトレーなどの容器にただ水を入れて部屋に置くだけ。簡単ですよね!

この方法を知ったのは、日本でアパレルショップで勤務していた時に店長がしていた乾燥対策です。冬の店内は乾燥がひどく、半日を終えた頃には店内の床にはほこりの束が出来上がっているほどでした。

観葉植物にいつでもお水を上げられるように、観葉植物の横に水を入れたグラスをセットで置いています。

バスタブにつかった後は、ドアを開けておく

水を入れたグラスを部屋に置いておく方法の大容量サイズが、バスタブのお湯。シェアハウスで生活されている方は難しいかもしれませんが、バスタブに使った後、お湯は捨てずにそのままの状態でバスルームのドアを開けておきます。

蒸気が部屋に行き渡り、部屋の窓が曇るほどなので乾燥対策として効果があります。

鍋料理をする

「今日はいつもよりすごく乾燥するなぁ」と感じた日は、部屋で鍋料理を楽しみましょう!鍋をした日は部屋の湿度が潤っていますよね!冬に鍋料理は体も温まり、美味しい!部屋の乾燥対策にもなります!

洗濯物を部屋の中に干す

カナダの洗濯は基本的に乾燥機で乾かします。乾燥対策として、洗濯物を部屋の中に干すことで部屋の湿度を上げる効果があります。

IKEAやロンドンドラッグス、ホームセンターなどのお店でスタンド式の洗濯物干しが販売されています。

最後に

ご紹介した実際に使ってよかったボディークリームは、どれも香りがないので使い易くおすすめです!3本共、自宅に常備して1年を通して使い分けています。

▼合わせて読みたい関連記事

バンクーバー生活で疲れているあなたへ!Sajeのエッセンシャルオイルが使える!

バンクーバーで買ってよかったコスメ&日用品

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする