バンクーバー(レインクーバー)で退屈な雨の日に何する?!雨の日でも楽しめること

カナダ・バンクーバーは、9月に入り雨が多くなりました。

カナダ内でもバンクーバーは、最も雨が多い都市で「レインクーバー」と呼ばれるほどです。

そんなレインクーバーで、観光や生活で「雨が嫌だな。。。」と感じている方に雨の日でも楽しめるおすすめをまとめてみました。

スポンサーリンク

ショッピング

バンクーバーには、様々なお店が集まっているショッピングモールがあるので、雨でも関係ありません!

ダウンタウンのメインエリアにある、「パシフィック・センター」はバンクバー・シティセンター駅から連結しているショッピングモールです。

また、パシフィック・センターからは、「ノードストローム」「ハドソンズ・ベイ」などの百貨店に外に出ることなく連結しているので、お天気を気にせずにショッピングが楽しめます!

ファッション好き必見!カナダ・バンクーバーでセンスの良いおすすめショップ18選

パシフィック・センター

「H&M」、「GAP」、「ALDO」やカナダブランドの「aritzia」などの、様々なお店が並んでいます。そして、館内にはフードコートもあります。

【営業時間】

月曜日・火曜日 10:00~19:00
水曜日~金曜日 10:00~21:00
土曜日     10:00~20:00
日曜日     11:00~19:00

ノードストローム

ラグジュアリーブランドや、コスメティックなど最新の流行りに沿った品揃えです。

ランチやディナーが楽しめるレストランもあります。

【営業時間】

月曜日~土曜日 9:30~21:00
日曜日     11:00~19:00

ハドソンズ・ベイ

「TOP SHOP」、「mac」、コスメや高級ブラン品を取り扱っています。

ハドソンズ・ベイ オリジナルのブランドがあり、カナダのお土産としても人気です。

【営業時間】

月曜日~土曜日 9:30~21:00
日曜日     11:00~19:00

メトロタウン

ダウンタウンから電車エキスポラインで約20分の「メトロタウン駅」で下車すると、駅からすぐの所に「メトロポリス」ショッピングセンターがあります。

「Zara」、「H&M」、「Banana Republic」など、他にも沢山のお店が並んでいる大型ショッピングモールです。

こちらには、日本の「ユニクロ」や「無印良品」も入っています。

フードコートも大変広いです。

【営業時間】

月曜日~土曜日 10:00~21:00
日曜日     11:00~19:00

リッチモンドセンター

ダウンタウンにあるパシフィックセンターや、メトロポリタン・ショッピングモールと同じ店舗展開のショッピングモールがリッチモンドにあります。

バンクーバー観光、空港近くのリッチモンドでショッピングを楽しもう!

【営業時間】

月曜日~土曜日 10:00~21:00

日曜日     11:00~19:00

TSWWASSEN MILLS

ダウンタウンから少し離れますが、トワッセンにあるアウトレット・ショッピングモールです。カナダプレイスからフリーシャトルが出ているので、交通アクセスも便利です。

ルルレモンやアディダスのアウトレットも入っています。空港近くのアウトレットモールとは違い、室内なので雨を気にする事も要りません!

バンクーバーでアウトレット・ショッピングモールを満喫!TSAWWASSEN MILLS

【営業時間】

月曜日~土曜日 10:00~22:00

日曜日     10:00~21:00

スポンサーリンク

インドアでアクティビティ

ビリヤード

ダウンタウンのロブソン通りの「アーバンアウトフィッターズ」と「アディダス」の間にある「Commrodore Lanes」では、ミニボーリングやビリヤード、ダーツが楽しめます。

【営業時間】

月曜日~木曜日 10:30~23:30
金曜日・土曜日 11:00~00:30
日曜日     11:00~23:30

カラオケ

そして、カナダでも日本のように「カラオケ」を楽しめます!ダウンタウンの「無印良品」の隣にカラオケ店「Fantacity」があります。日本の最新曲も豊富です!

バンクーバー生活。カナダでもカラオケが楽しめる!

【営業時間】

14:00~02:00

アイススケート

毎年冬シーズンには、ロブソンスクエアにスケートリンクが出来、スケート靴代($4)を払うだけで無料でスケートを楽しめます。屋根が付いているので雨の日でも楽しめます。

カナダ バンクーバーでフィギュアスケート、グランプリファイナル!

【営業時間】

日曜日~木曜日 9:00~21:00

金曜日・土曜日 9:00~23:00

アートを楽しむ

ロブソンスクエアのある、「バンクーバー・アートギャラリー」です。「パシフィックセンター」や「ノードストローム」のすぐ側にあるので、ショッピングとアートの両方を楽しむ事が出来ます。

【営業時間】

水曜日~月曜日 10:00~17:00
火曜日     10:00~21:00

毎週火曜日はドネイション(寄付)の日で、いつもよりお特に入館できるんです。

こちらが通常料金です。寄付なので自分が思う金額でいいのですが、最低でも$5~$10が目安の金額です。

もちろん、それ以上支払っても構いません!

大人$24
65歳以上$20
学生$18
小人(6歳~12歳)$6.50
小人(5歳以下)無料

雨の日は学びの日に

雨の日は、ダウンタウンにある「バンクーバー公立図書館」で学びの日に!

こちらの図書館は、建築デザインがとても素敵でただ本を借りに行ったり勉強しに行くだけでなく、デザインを見て楽しむ事も出来ます。

図書館のデザインはバンクーバー市が募集をかけ、パレスチナ出身の建築家モシェ・サフディの作品が選ばれました。ここは図書館?!て思うほどの素晴らしいデザインです。

外観も素敵ですが、内装もガラス張りの天井が中に日差しが入り込み素晴らしいデザインになっています。

カフェなどが並んでいるので、勉強の合間にお腹が空いてもわざわざ雨の中外に出る必要がありません!

バンクーバーで雨の日に役立つアイテム

「Blundstone」のブーツ

オーストラリア・タスマニアのブランドのブーツです。

雨に濡れてもOK! しかも暖かいんです!! バンクーバーの雨は、日本のように1日中降り続くわけではなく、止んだと思ったらすごく晴れてくる時もあります。

だから、朝に長靴を履いて家を出ても晴れているの長靴。。。という状況に良くなります。(笑)バンクーバーでは、長靴を履くまでもないので、このようなブーツがたいへん便利です。

カナダで人気のハイキングなどのアウトドア用としても使える便利なブーツです。

防水リュック

雨が多いバンクーバーでは、防水のリュックがとても便利です。とくに、ファスナー部分も中に水がしみ込まない防水ファスナーの物が便利です。

もしくは、リュックのカバーなども一つあれば大変便利です!

最後に

いかがでしたか?レインクーバーと呼ばれるほど雨が多いバンクーバーですが、意外と屋内で楽しめることがたくさんあります。

雨でどうしよう。。。と思った時の参考にしてみて下さい!!

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ観光旅行に必要な持ち物リスト
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする