バンクーバーで英語を無料で学べる移民者向けの語学学校LINC

移民者向けの学校に通い出してから2か月が経ちました。学校は8月いっぱい夏休みに入り、また9月から始まります。

学校に通うためのレベルチェックからの2か月は自分が思っていた語学学校とは違い、あっという間に過ぎていきました。

通って損はない!バンクーバー移民者向けの無料語学学校に行く手続き方法

私が通うのはリッチモンドにある、SUCCESSという非営利団体の語学学校です。授業内容は先生によって異なりますが、どのクラスも必ず小遠足があります。

小遠足は、今クラスで習っている課題に関連した施設に行って実際にどのような事を行っているかなどの見学をすることです。

クラスでは、毎月決まったトピックをもとに授業が進められ、

「リーディング」

「ライティング」

「スピーキング」

「リスニング」

のテストもしっかりあります。6月のトピックは「先住民」、7月は「人権」でした。かなり内容の濃い授業です。

「先住民」のトピックでは、先住民アートワークが沢山あるバンクーバー国際空港に見学に行きました。

6月は、「先住民の日」がある月なのでバンクバーで最大の大学UBCのキャンパス内にある美術館で人権についてのアート展が開催されていたので、クラスから見学に行きました。

バンクーバー観光、空港で先住民のアートワークを見て楽しむ

「人権」では、世界で人権で戦ってきた人物を選び、その人に成りきってのプレゼンテーションをしたり、実際に裁判所に行って裁判を傍聴しました。

バンクーバーには、人権を守るための機関があり人権に関する問題を取り扱う弁護士の方がクラスに来てスピーチしてくれました。

実際にクラスでは、子供を持つ生徒が仕事に申請し、子供がいるからと言う理由で断られたそうです。ですが、カナダではこれは人権差別になり、訴える事も出来るそうです。

カナダの人権と多様性の尊重について「人はみな平等であるべき」

バンクーバーに来た始めに語学学校に行っていたので、語学学校のイメージは「英語の勉強」とういう想像でしたが、SUCCESS は全く違いました。英語を学びながら、カナダの事や文化も学べる学校に驚きました。

SUCCESS は移民者のカナダでの生活のサポートもしている学校で他にも、仕事や家、保険などの相談にも乗ってくれます。

また、カナダで市民権を取る方用にテスト対策として便利な授業内容にもなっています。だから他にも、バンクーバーのスーパーマーケットや市役所見学や、ガスや電気、水道などの会社や公共交通機関の会社の方達がクラスに来て仕組みを説明してくれます。

バンクーバーに住んで6年が経ちますが、カナダの事を何も知りませんでした。(笑)

カナダがそんなに好きではありませんでしたが、SUCCESS でカナダの事を知り、カナダが好きになりました。特に、人権に対しての考え方、取り組みがすごいと思いました。

カナダで人権差別がないわけではありませんが、相談できる場所があるのは素晴らしいなと思います。

そして、1年に2回テストの結果をもとに先生との面談があり自分が今どのレベルかや強み・弱みなどを話してくれます。

今回夏休み前に面談があり、リッチモンドにあるイケアでコーヒーを飲みながら面談でした。カナダらしいですよね!

イケアは10:00開店ですが、開店前の9:30からお店に入ることが出来て、2階のフードエリアはオープンしていて朝食が食べる事が出来るんです。

しかも、コーヒーが無料で飲めます!面談の後は買い物をして帰りました。

興味がある方はぜひ、行ってみて下さい!

バンクーバー生活の助け!イケアで買って良かった商品

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする