バンクーバーで自力でIELTSの勉強をしておかしくなりそうだった

バンクーバーへの移民を考える方で苦労するのがIELTSではないでしょうか?

私も移民の際は、IELTSに悩まされました。

仕事しながらの試験勉強だったので、眠たいし、でも勉強しなくてはいけませんでした。

私は、人生で受験をしたことがなかったのでもちろん受験勉強もしたことがありませんでした。

IELTSの勉強中は、受験ノイローゼって言う意味を初めて実感しました。

スポンサーリンク

学校へ行かず自力でIELTSの勉強

仕事をしながらのIELTSの準備だったので、学校に通う時間がなく自力で勉強するしかありませんでした。

まずは、IELTSの参考書を探しにカナダの書店へ!

同じ時期、同僚もIELTSの勉強をしていてその同僚の英語の先生がおすすめする参考書を購入しました。

参考書の中を見ても何も分かりません・・・

勉強が大嫌いな受験勉強もしたことがない私には無理だ・・・

としか思えませんでしたが、やらないと・・・

と思い、初めて試験を受ける日を決めました。

勉強は本当に苦手だったので、3か月の準備期間を目途に試験の申し込みをしてしまいました。決して安くはない試験費用を支払い、もぉ逃げる事は出来ません!

IELTSの内容はこちらカナダ バンクーバーの移民申請や大学入学に必要なIELTS

試験内容は、4つ!

●Speaking

●Listening

●Writing

●Reading

申し込んでしまったし、準備期間は3か月。追い込まれました・・・

働いていたので勉強が出来るのは、仕事が終わってから。しかし、仕事が終わると疲れて勉強なんて出来ず、知らないうちに眠っていることがありストレスはマックス!

仕事後に勉強するのをやめ、朝早起きして出勤前に勉強をするようにしました。

スポンサーリンク

Speaking

スピーキングは、参考書の質問をひたすら一人で口に出して答える作業の繰り返し

時間があればルームメイトや友人に質問をしてもらい、試験のような環境をイメージし練習しました。

内容と言うよりは、質問を直ぐに理解し答えることが出来るか?が重要なようで、さらに難しい単語や言い回しが出来れば点数が上がるとのことでした。

難しい単語を使う事は諦めました。(笑)

取りあえず聞かれた質問には簡単な言葉でも答えられるように、と言う事に集中しました。

Listening

リスニングは、参考書に付いているCDと問題を何度も繰り返しやっていると、答えを覚えてしまい練習にならなくなりました。(笑)

インターネットでIELTSのリスニングを調べ、サンプル問題をひたすら繰り返しました。

繰り返していると問題のパターンが大体分かってくるので、何処に集中して聞けばいいのかも分かってきます!

  • Section 1・・・日常的な会話
  • Section 2・・・日常生活での説明会話
  • Section 3・・・専門的な会話
  • Section 4・・・専門的な講義

一度聞き逃してしまうと次の問題に影響が出て、最悪その後の問題が全て答えられない!と言う事になりかねません。

聞き取れなかったものは諦め、次の質問に切り替える練習もしておくことがおすすめです!

Writing

ライティングは2種類あり、

Task1 職場や日常生活に関することをレター形式(150文字)

Task2 社会問題に関する出題にショートエッセイ(250文字)

問題を見てみると、

「こんなの無理・・・」

と落ち込み、思わず本を閉じました・・・

そろそろ、頭がおかしくなり始めてきます。(笑)

ライティングの出題は、今まで英語で書いたこともない内容だったのでまずは、参考答えを見てみる事にしました。

まずは、Task1から始め慣れてくれば、Task2に取り掛かりました。Task2も参考答えをみて、Task1もTask2も初めは書き方を丸パクリです。

参考書だけでなく他の様々な出題内容をインターネットで調べ、ライティングもひたすら出題を書き続けました

ライティングに関しても、点数を上げるには難しい単語を使えば使うほど点数が上がるようですが、こちらも私は諦めてとにかく簡単な単語でも決められた文字数は書けるようにを心がけました。

幸い、私はライティングが楽しくなってきたのでライティングの勉強は苦ではありませんでした。

Reading

問題は、リーディングでした。

小さい頃から本を読んでこなかった私には、地獄でした・・・(笑)

活字を読むのが苦手なのにそれを英語でなんて・・・

まずは、分からない単語が多すぎる・・・内容を予想できるレベルでもありませんでした。

何度も読み、何度も問題に答えるを繰り返しましたが、なかなか点数が上がりません。

最後まで悩まされたリーディング

実は、ILETSでこのリーディングだけに悩まされました。頭がおかしくなりそうだったのは、リーディングです。

移民申請にIELTSのスコアが必要な方はご存知かと思いますが、4つの全ての項目が平均して同じスコアが求められます。

私は、このリーディングだけのスコアが足らずリーディングの為だけに、結果IELTSを3回も受ける事になりました。

本当に受験ノイローゼ状態でした・・・(笑)

自力でやれることは、ひたすら読んで問題を繰り返すだけ。答えに自信があった!と思っても結果を見れば、惨敗・・・

何とか3回目で必要スコアが取れましたが、あの苦しみは今でも覚えています。

最後に

頭がおかしくなりそうだったIELTSの勉強ですが、そのおかげで英語が伸びました。現在、IELTSで頭を抱えている方も辛い日々は続きますが、諦めず頑張ってください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする