バンクーバー 夏のイベントにおすすめ!一年に一度の開催Red Bull 400 Whistler

バンクーバーで一年に一度きりのビッグイベント「Red Bull 400 Whistler 2018」が、ウィスラーで開催されました!

このイベントは、オリンピックで使用されるスキージャンプのジャンプ台を使用したレースで、ジャンプ台の下から上までの400mを走って上り、勝者を決める大会です。

2011年にオーストリアで初めに開催されてから、他の国でも開催されるようになりました。バンクーバーは去年、山火事の煙で中止になり今年が第3回目で、日本では、北海道の札幌市で去年の2017年に初めて開催されました。

日本大会の女子優勝者で、スキークロスカントリーの田中ゆかり選手が同年に行われた世界大会でも優勝されています!すごいですよね!!

想像できますか?スキーのジャンプ台の高さと斜面を走って登るなんて!斜度は39度です!!スタートの100mはフラットで、一番きつい200mからは斜面を這いつくばって登ります。

高所恐怖所の方には、おすすめできません。。。最後のラストも斜面が急なので、階段をよじ登ります。最後は、拷問のようなきつさです。

実際に2010年のバンクーバーオリンピックで使用された、ジャンプ台です。

レースには一人で走る「ソロ」と四人一組で走る「リレー」があります。

  • ソロ$57.75(+Tax)
  • リレー$105(+Tax)

私はリレーに参加しました。

事前にネットでチケットを購入し会場に行くと、まず参加者登録を行いました。登録をした際にレッドブルのバッグがもらえます。

バッグにはレースで着るレッドブルのユニフォームと靴下とバンダナが入っていました。他にもランチ無料券がもらえたり、会場にはバナナなどの果物やレッドブルのドリンクが食べ放題、飲み放題で設置されていました。

開会式が終わると、レース前に参加者全員で準備体操をし、体操の後は集合写真も撮ってくれました。

さて、レースが始まります!!メンズとレディースでレースがあり、各ソロの優勝者はオーストリアで開催される世界大会に参加できます。参加者はレッドブルのプライベートジェット機でオーストリアまで、行くことが出来ます。
メンズの大会記録は「3分48秒」でレディースは「4分56秒」です。どうやったらあんな斜面をこのようなタイムでゴール出来るのかが不思議で信じられません。。

こちらの方は高齢ですがバンクーバーの初回開催から3年連続で毎年参加されています!他にも93歳の男性が、家族とリレーに参加されていました!!

約30℃の天候なのに、目の前のは雪山が広がる景色が素晴らしかったです。上からの景色も最高でした!ジャンプ台の横には、上まで続く階段があり上まで登って応援したり、参加者は上までゴールし後は、その会談を使って自分で降りてきます。終わった後は、みんな疲れ切っていました。。

レースを終えてフリーランチハンバーガーを美味しくいただきました。食べ物や飲み物がいつでも無料で食べ放題、飲み放題はとっても良いサービスですよね!そして、天候が大変暑かったので冷たい飲み物は助かりました。

毎年一年に一度のイベントなので、ぜひ参加されてみてはどうでしょうか?あまり体験の出来ないイベントなので、楽しめます!

バンクーバーには他にもイベントがたくさん!!世界中から集まるバンクーバーの夏のイベント!「プライド・パレード!」カナダで人権を尊重する取り組み

【カナダ関連記事】

海外旅行カナダへ格安個人旅行!おすすめ個人手配のやり方、行くまでの流れ

カナダ観光旅行に必要な持ち物リスト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする